top of page

台湾でESGをテーマにした対面ポッシブルワールドワークショップを実施

Hsiao Chin Lo

1 June 2024

透過Possible World線上遊戲探索跨界合作的可能性-從ESG到SDGs
ポッシプルワールドを通して異業界協働の可能性を探ろう!―ESGからSDGsへ

透過Possible World線上遊戲探索跨界合作的可能性-從ESG到SDGs

ポッシブルワールドを通して異業界協働の可能性を探ろう!―ESGからSDGsへ


1. 概要

日時: 2024年6月1日 13:00〜14:00

場所: 対面

参加人数: 8名


2. ワークショップの進行とハイライト

  • チェックイン: 参加者全員での簡単な自己紹介と現在の気持ち、気になる出来事の共有

  • ワークショップの目的

  • ポッシブルワールドの説明: ゲームの目的と全体像の紹介

  • ゲームルール説明: ゲームの基本ルールと操作方法の説明

  • ゲーム練習: 実際にゲームを少し試してみる

  • 本番: 本格的なゲームプレイ。特に盛り上がった瞬間や興味深い戦略を紹介

  • 振り返り: 印象に残ったこと、嬉しかったこと、迷ったこと、普段ESGの推進と共通している点

  • 案例紹介: ESG推進上成功な案例紹介

  • 明日からESG推進上自分からできることとは

  • チェックアウト: 最後の感想共有

  • Q&A


3. 参加者の声

「ゲームの前半では皆が手探り状態で、後半になって初めて互いに交流が始まりました。この現象は、ESGを実行する際も、最初、皆が模索しながら進め、徐々にルールを理解し、助け合いと共通認識の必要性を理解したうえで協力し始めると同じのようなものだと感じました。」

「ESGを実行するには、共通認識と明確な共通目標が必要だと感じ、それが皆を一緒に前進させる原動力ともなると考えられます」

「通常、ESGは市政府や企業の問題だと思われがちですが、実際には個人とも関係があります。ゲームを通じて、個人とESGの関連性を理解することができました。」


4. フィードバックと学び

  • フィードバック方法: まず、最初一人で考え、メモを取り、その後グループ内でシェアし合い、各グループから一人を代表として全員の意見をまとめて発言する形を取りました

  • 今回の挑戦は世界状況メーターをESGと絡めて説明していたところです。経済はESGのGとの関わりから出発し、EとSは会社の社会責任と環境保全への責任と絡めての説明を試してみました。今回のワークショップの目的に合ったのか、参加者からとてもつながったという

  • 学びと洞察: 2時間のデザインは短いという感覚がありましたが、ポッシブルワールドを用いたESGへの理解と社内推進上への可能性が見られたと言えましょう


5.当日の様子



bottom of page