top of page

6月_ポッシブルワールド・ディスカバリーセッション(日本語)実施報告

Asuka Hayashi

20 June 2024

6月のポッシブルワールド・ディスカバリーセッション(日本語)を実施しました

ポッシブルワールド・ディスカバリーセッション(日本語)

ポッシブルワールド・ディスカバリーセッションは、参加者が変化するエコシステム「ポッシブル・ワールド」で自分の目標達成のためのアクションを通じて、マインドセットの認知とシフト、醸成を体験しながら、経済、環境、社会の状況変化をシミュレーションし、対話を通じて可能性を探求する2時間の体験ワークショップです


いろいろなバックボーンをもった人々が、たまたまこの夜、このセッションに集って、集った人々の多様性を味わい、さらに、ここには集っていないけれども今を生きている同世代の人々に、思いを馳せました。

わたし、という存在は唯一無二なのだけれど、どこかで、あなたはわたしでもあり、わたしはあなたでもある。そんな体感が生まれた夜でした。

集ってくださったみなさんに感謝です。


1. 概要

日時: 2024年6月20日(木) 19:30〜21:30

場所: オンライン

参加人数: 8名

参加エリア: 東京、鎌倉、京都、大阪、和歌山、大分、台湾、ダーウィン


2. ワークショップの進行とハイライト

  • チェックイン: 大事にしていること・ものと現在の心境でチェックイン

  • 今の世界を知る:簡単にSDGsのおさらいし、現実の世界を共有


  • ポッシブルワールドの説明: ゲームの目的と全体像の紹介


  • ゲーム練習: 実際にゲームを少し試してみる。少し短めの練習セッションでした。


  • 本番: 初めは静かに始まり、後半追い上げで「まだ達成していない人いない?」などと声が飛び交っておりました。


  • 振り返り:メンチメーターを使って振り返り、その後、じっくり時間をかけて対話の時間をとりました


  • おわりに:個人のマインドセットの話や2ユーロのTシャツの話をシェア


  • チェックアウト: 1人ひとことずつですが、とても清らかな皆さんの心からのチェックアウトでした


3. 参加者の声

「擬似体験よりも本当に体験した感じ。みんなが近くにいる感じがした」

「結果では見えない何かがある、というのはゲームで感じたが、現実でもそうではないか」

「現実世界ではやりたいと思っていてもできないことが、ゲームを通じてみんなで助け合って実行できて良かった」

「この世界はシステムで繋がっている」


4. 次回予告

次回のポッシブルワールド - ディスカバリーセッション:



英語ワークショップの日程:





6. 当日の様子




bottom of page